2011
2010
2009
2008
2007
2006
2003
2001

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Le Point - 2012年5月17日

メントール、黒い果実、スパイス、プルーン、非常にまろやか、力強い、締まっている、タンニンが強い、締まったフィニッシュ。

14

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Le Point Supplément - 2011年5月

黒い果実、ソフトで優しく、よくこなれた、黒い果実の風味が強い味わい、締まったフィニッシュ、たっぷりしている。O=2014年 G=10 年

14

L'avis du vin - Le Figaro.fr – 2012年9月

凝縮感のあるアタック、非常にエレガントなミドル、ハーフボディ、微かな渋み。

14,5

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

GILBERT & GAILLARD - 2011年版ワインガイド

強い色合い。トースト香がある黒い果実の深い香り。ベルベットのようなタンニンが感じられる、たっぷりした、とろけるような、リッチな味わい。フィニッシュには微かな植物性の香りがある。

88/100

TASTED - 2012年4月 - アンドレアス・ラーション

すっきりしていて、かなりエレガントな香り、赤と黒のベリー、多少のフローラルノート、良くなじんだオークの味わい、ソフトなタンニンが感じられるやや緩んだ骨格、潰れたベリーとかなり長いフィニッシュ、魅力的で飲めるワイン。

90

TASTED - 2012年4月 - マルクス・デル・モネゴ

紫色を帯びた濃いパープルレッドの色合いで、中心は殆ど黒色をしている。殆ど香油のような成分、バニラ、ロースト香がある、良く表現された熟したブドウの香り。甘美なフルーツと締まったタンニンによる、骨格がしっかりした味わい。ミディアムボディで、余韻が長い

89

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Gault Millau (2010年11/12月 増刊号)

非常に優れたセカンドワイン。メゾンのスタイルは進化しており、精度と張りがアップしている。人々が好む、深みとフィネスがある

16/20

Revue du Vin de France - 2011年1月

2008年のシュヴァリエ・ド・ラスコンブは、2007年よりもずっと優れており、良く熟していて表現力のある素晴らしいブドウで作られている。味わいはたっぷりしていて厚味があり、熟成は良く調整されている。フィニッシュは爽快感をもたらす。

15/20

Bettane et Desseauve 2012年セレクション

良く熟したバラの気品のある香り、タフタの風合い、少ししなやか過ぎるかも知れないが、この上なく魅力的である

15/20

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Revue du Vin de France - 2011年1月

ワインの色合いには、進化のスタートが表れているようである。香りは控え目。味わいは非常にしなやかで、常に微かな熟成香がアクセントになっている。優しく、わかりやすいワインで、今から飲める。

13/20

Gilbert & Gaillard - 2013年版ワインガイド

凝縮した色合い。ジャム状のブドウと植物がベースの豊かな香りには、チョコレートの樽香がある。たっぷりしていて、熟成したワインで、明瞭で成熟した香りを展開する。優れた素材とバランス。この上品なセカンドワインは、今から飲める。

88

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Guide Gilbert & Gaillard

鮮やかな色合い。非常に良く熟した赤い果実と心地のよい下草のノートを組み合わせた成熟した香り。とろけて、熟したスタイルの味わい。ジャム状の赤い果実が支配的で、フィニッシュの軽い締まりがアクセントになっている。是非飲みたいワイン。

88

Gault-Millau - 2011年7月/8月 - Bu & Approuvé

このシャトー・ラスコンブのセカンドワインは、力強く、凝縮したマルゴーである。熟したフルーツとスパイスの香りには、アニマルノートがある。しっかりした骨格の質感がある力強い味わい。フルーツの香りは、スパイシーなフィニッシュへと続く。フランボワーズのタルトレットに良く合う。

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

1855.com

Délicieux dans sa jeunesse, ce vin souple et bien bâti dévoile des parfums de cassis et de mûre d’une très belle intensité sur 2003. S’ornant de fraîches notes de fleurs, d’épices et de minéral, il présente le caractère fin et racé des terres de Margaux, avec la même fierté que son aîné.

プレスレビュー - シャトー・ラスコンブ

Decanter.com

Nez boisé fin mais intense. Cerises, vanille, riche, ample, des fruits marqués. Des tanins souples, beaucoup d'épices. Il a du corps et de la puissance. Appréciable, bonne longueur. A boire 2009-12.

****